HOME > サービスについて > 

Webサイト制作

web site

Webサイト制作

情報をもれなく伝える、
ブランドのプラットフォーム。

様々な手法で情報発信が可能なwebサイト。
「いま」を伝えられるのも更新性に優れるWebメディアならでは。

あらゆるプロモーションの基盤
として機能するコーポレートサイト。

CORPORATE SITEコーポレートサイトの役割は、企業とステークホルダー(顧客や取引先、協力企業、投資家、採用希望者 等)の円滑なコミュニケーションの実現にあり、あらゆるプロモーションの基盤(プラットフォーム)として機能します。


コーポレートサイトは総合的な企業情報をあまねく発信するサイトであるため、企業ブランドや商品ブランドの「コア・アイデンティティ」は何なのか、「ブランド・パーソナリティ」をどのような印象で伝えるか、「ブランドの情緒的及び機能的なベネフィット」のプロモーションはどのように行うか、などコミュニケーションに関わる様々な点について綿密な計画が必要不可欠となります。

ブランド・エクイティを醸成し、
売上につなげるブランドサイト。

BRAND SITEブランドサイトの役割は、ブランド認知から購入、さらにはその先の継続に至るまで、ユーザーが体験すべき行動(ブランドアクション)の効率的な実現にあります。ブランドには各々個別のマーケティング課題が存在し、優先すべきブランドアクションも異なるため、個別のブランドが抱える課題の明確化と課題解決に至る緻密な戦略が無ければ、ブランドサイトとしての役割を果たすことは出来ません。


また、課題が明確化された上で制作されたブランドサイトでは効果測定が可能となり、継続的なパフォーマンス改善も望めるようになることから、ブランドサイトの正しい活用は効果的なだけでなく、コスト面からも効率的(コストパフォーマンスにも優れる)であるため、ブランドが抱える課題を正しく分析・特定し、戦略的にプロモートすることが非常に重要となります。

「ブランドが抱えるマーケティング課題の一例と施策例」

  • ブランド認知が低い

    「ブランドを認知する体験の提供」

    ニーズがあっても特定ブランドに対する購買意欲(ロイヤルティ)が無い消費者は、製品カテゴリーで検索を図る可能性が高いため、これらのユーザーとブランドサイトを接触させることができればブランドを認知させることができます。ブランドの認知を高めたい場合、ブランド名を含まない製品カテゴリー等のキーワード検索流入数をKPI(Key Performance Indicator:業績評価指標)にすることで、ブランド認知の検証が可能となります。

  • ブランドを正しく理解していない

    「ブランドのベネフィットを理解する体験の提供」

    ブランド名は認知しているがブランド・アイデンティティを正しく理解できていないユーザーには、ブランドサイトのコンテンツとデザインでブランドのベネフィットを伝える必要があります。ブランドを誤解しているユーザーには、単に情報を見せる・読ませるだけでなく簡単なクイズやアンケートなど、問いかけに答えさせるキャンペーンが相手の理解を得やすく、高い効果が見られます。ブランドに対する理解を深めたい場合、ブランド名の検索や広告等の流入から発生したブランド理解を深めるコンテンツの閲覧数をKPIにすることで、ブランド理解の検証が可能となります。

  • ブランドに適切性を感じていない

    「ブランド・レレバンス(適切性/関連性/妥当性)を感じる体験の提供」

    ブランドが提供するベネフィットは理解していても、適切性を感じないユーザーにはベネフィットの自分ごと化が必要です。ブランド・レレバンス(適切性)を感じさせるには、入力条件に応じて適切なサービスや商品を推薦する診断コンテンツなどが効果的だと言えます。この場合のKPIは診断結果ページでの購買数や診断結果に表示されるサービス・商品の購買数で測ることで、ブランド適切性の検証が可能となります。

  • ブランドを信頼していない

    『ブランドを信頼する体験の提供』

    ブランドが提供するベネフィットに適切性は感じても、信頼していないユーザーには安心させ、買わない理由を払拭する情報に接触させる必要があります。ブランドを信頼する体験にはお客様の声や商品レビューなどのコンテンツが効果的だと言えます。レビューコンテンツの閲覧数や閲覧後の購買をKPIにすることで、ブランド信頼性の検証が可能となります。

  • ブランドに優位性を感じていない

    「ブランドの優位性を感じる体験の提供」

    ブランドが提供するベネフィットを信頼していても、他ブランドを選ぶユーザーにはブランドの優位性を感じさせる必要があります。ブランドの優位性を感じる体験には、権威ある第三者機関やユーザー投票等による表彰や認定などのエビデンスが効果的だと言えます。エビデンスはブランドサイトだけでなく、製品パッケージ等に記載することでより多くの消費者に優位性を感じさせることができます。

  • ブランドへのロイヤルティ(忠誠心)が低い

    「ブランド・ロイヤルティを向上させる体験の提供」

    指名買いする程度のブランド・ロイヤルティはあるが、値引きなどの状況によっては他商品を選択してしまうユーザーには、ブランド・ロイヤルティを向上させる体験が必要となります。これには、ユーザー自身がベネフィットの体験をコメントや写真で語り、ユーザー同士でベネフィットを実感・共有できる掲示板等コミュニティの運営が効果的です。

新たなブランド体験を生み出し、
ロイヤルティを高めるキャンペーンサイト。

CAMPAIGN SITEキャンペーンサイトの役割は、魅力的な企画・コンテンツで顧客を誘引・接触させ、行動を伴うブランド体験によってロイヤルティを高めることにあります。キャンペーンサイトの設計には、キャンペーン全体に効果が波及するコンテンツやデザインの実装はもちろん、全体のコンセプトやユーザーの心理プロセス・行動への深い理解が不可欠であり、Webサイトだけを凝ったものに仕上げても、課題解決の目的や枠組みから外れていたり、他メディアとのシームレスな接続ができなければ期待した効果は望めなくなります。


そのためキャンペーンサイトの制作には、キャンペーンの効果を最大化するマーケティング戦略と企画・クリエイティブが非常に重要となります。そして、キャンペーンで収集されたユーザーの情報は、製品やブランドのプロファイリングに活用できる貴重な資産であり、次回キャンペーンのマーケティング/プロモーション戦略及びWeb戦略の礎としても機能します。

「求職者の知りたい」と「企業の伝えたい」
をつなぎ、採用を成功へと導く
リクルートサイト。

RECRUIT SITE採用活動においてインターネットが重要なツールとなった今日、採用案内サイトの役割は言うまでもなく「有能な人材の採用」ですが、成否を分けるポイントは就職希望者の集客(量の成果)と、フィルタリング(質の成果)にあります。


マクロミルが2005年に実施した「就職活動において重要なツール」のアンケート(関東地方在住で20才以上の短大生・大学生対象)において、インターネットがダントツの第1位(95%)となったことからも、Webサイトを活用した採用活動が重要であることは誰もが認めるところであり、リクナビやマイナビ、ビズリーチなどに代表される採用ポータルサイト(就職情報サイト)が重要視されています。


では採用ポータルサイトにだけ出稿していれば十分なのでしょうか。採用ポータルサイトは、自社のことを知らない就職希望者へのプロモーションツールとしては絶大な効果がありますが、採用ポータルサイトの統一されたインターフェイスと情報だけでは「自社と他社の違い」や「より詳細な情報」の提供に難があるため差別化が難しいと言えます。


また、モチベーションの高い就職希望者であるほど採用ポータルサイトの情報収集だけでは満足せず、企業のコーポレートサイト(ホームページ)でより深く情報収集を行うことは想像に難くありません。これらの状況を鑑みれば、企業・就職希望者の双方にとって採用ポータルサイトだけでは不十分であり、自社のコーポレートサイト内にリクルートサイト(リクルートに特化したサイト制作が難しい場合、最低でも採用ページ)を設けることがいかに重要であるかが分かります。


有能な人材を獲得するには、採用ポータルサイトに「集客の手段」としての役割を担わせ、自社の採用案内サイトには、採用ポータルサイトで集客した就職希望者を次のアクションへと導くための役割(フィルタリング)を担わせるのが理に適っており効果的です。

ブランディングやマーケティングに寄与し、
相互送客機能が求められる現代のECサイト。

EC SITEECサイトの役割は、販売チャネルとしての”集客”と”販売”がEC黎明期以来の主な役割でしたが、近年では”ブランディング媒体”としての機能や”マーケティング媒体”としての機能、”実店舗とECサイト間の相互送客”する機能なども求められています。


成長を続ける国内EC市場において消費者のネット通販経験値は急速に高まり、リアル(店舗や商業施設等のリアルシーン)で商品を確認し、価格優位性に優れるバーチャル(ECサイト)で買い物を済ませるユーザーも多いため、ECサイト構築にあたってはリアルとバーチャルの役割を明確に区分するか、オムニチャネル化(店舗やイベント、ネットモバイルなどのチャネルを問わず、あらゆる場所で顧客と接点を持とうとする考え方や戦略。マルチチャネルはただチャネルを増やすだけの多角展開であることに対し、オムニチャネルは全てのチャネルを連携させて顧客にアプローチ)する必要があります。


競合ECサイトとの差別化を図り成果を最大化させるには企業(店舗)の課題を見出し、顧客のニーズを満たすマーケティング戦略と企画・クリエイティブが非常に重要となります。

ブランドの世界観を
正しく深く伝える
Webサイト。

Webサイトによる情報発信において大切なのは「誰に、何を、どのように伝えるのか」を考えることです。お客様には世界観を伝えるブランド・プロミスをコアに、今後も期待に応え続けるブランドであることも伝え、スタッフやその家族には、自社の社会的責任や意義、役割を伝えモチベーション向上を図ることが望ましい。と私たちは考えています。ototoe[オトトエ]を運営するパドルデザインカンパニーは、企業ブランディングを中心に、企業の見られ方、情報の伝え方、コミュニケーションのあり方をデザインするクリエイティブ・カンパニーです。お客様が伝えたいことを、見られたい姿で世界中に発信し、Webサイトをただの情報発信ツールに位置付けないよう、Webサイト制作、Webコミュニケーションプランをご提案します。

消費者と企業をつなぐ
Webインタラクティブ。

Facebook、Twitter、Instagramに代表されるSNSの爆発的な普及により、企業と個人を結ぶインタラクティブ(双方向)な施策は今や常識となりました。商品やサービスをご利用いただく消費者と直接的に繋がれるSNSで双方向のコミュニケーションを図ることにより、ダイレクトなお客様の声を収集するだけでなく、お客様とのブランド・エンゲージを強固なものとする絶好の機会を生み出せます。また、SNSユーザー間での情報拡散も期待できるため、Webサイトを新たな顧客獲得の導線として活用することができます。

Webサイト制作ソリューション

PHASE01

まず、綿密なヒアリングによって現況やご要望を伺い、目的の明確化から目標設定を行います。その上で、プロジェクトチーム全員がお客様の業界、商品やサービス、特徴、企業が目指す方向性を共有し、サーバ環境、情報セキュリティ体制、社内インフラなどを確認の上でワイヤーフレーム構築・サイト設計を行います。

PHASE02

企業の想いを伝えるには「言葉」でのコミュニケーションが重要です。意識の喚起から動機づけを促すキャッチコピーやリードコピーの制作、情報をより深く伝えるボディコピーの制作など「発信者が伝えたいこと」と「受け手が知りたいこと」を一致させるコピーを制作します。

PHASE03

情報が溢れる現代、ただ情報を羅列するだけではココロを動かすことはできません。だからこそ「だれに、何を、どのように伝えるのか」が重要なのです。奇抜さで修飾された一過性のデザインではなく、企業の想いが届き、ココロを動かすデザインでなければ意味がないのです。目標の達成に向け、課題を解決するWebデザインをご提案します。

PHASE04

Webサイトは公開すれば完了するものではなく、公開後の運用が大切です。最新情報をタイムリーに発信し、ユーザーの興味を刺激するのはもちろん、アクセス解析データの分析によって効果的にページの追加・修正を行うなど、サイトへの流入や滞在時間を改善する取り組みが不可欠です。

レスポンシブWebデザイン

レスポンシブWebデザインは、PC、タブレット、スマートフォンなどの閲覧環境や画面サイズにあわせ、自動的にページのデザイン・レイアウトを最適化する技術です。閲覧環境を問わず、見やすくわかりやすく情報を提供することが可能です。

パララックス・エフェクト

パララックスは、スクロールの動作に応じて、複数のレイヤーにある要素を異なるスピードで動かすことで「視差」を生み出し、立体感や奥行きを演出する手法です。Webサイト上に動きを加えることで、情報をより直感的に伝えることが可能になります。

お客様に最適な
オーダーメイドの企画提案を。

ototoe[オトトエ]を運営するパドルデザインカンパニーがご提案させて頂く全ての企画デザインは、お客様の抱える課題解決に即し、最適化されたオーダーメイドの施策です。CI/VI開発からBI開発に至るまで、クリエイティブチーム一丸となって最適なプランをご提案させて頂きます。