HOME > サービスについて > 

企業・商品ブランディング

corporate branding

企業・商品ブランディング

魅せるためではなく、
稼ぐための戦略を。

企業や商品の価値を見つけ、磨き、
売り上げにつなげるブランディング。

わずかな「差」ではなく、
あきらかな「違い」をデザインする。

モノや情報があふれる今日において、いかなる業界においても商品やサービスは熾烈な競争環境にさらされています。企業は、自社商品やサービスの差別化が不可欠となる一方、差を数値化しての差別化は困難を極め、商品やサービスそのものだけで差別化を図ることは容易ではありません。だからこそ必要とされているのが、デザインでの差別化です。優位性を言葉で明文化すると共に、写真やイラストを交え「らしさ」を具現化し、その世界観をターゲットに明確に伝えることでマーケット内における自社のポジションを確立していきます。大切なのは、わずかな「差」を競うのではなく、あきらかな「違い」をデザインすることです。

誰に、何を、どう伝えるか。
そして、どう伝わったか。

同時に不可欠なのが「誰に、何を、どう伝えるか」を明確にすることです。企業は商品・サービスのコンセプトを定め、コアターゲットを設定し、ブランド・プロミス(商品やサービスに対し、企業が提供する約束で消費者が得られる体験)を策定することで「自社らしさ」を定義していきます。そして、その過程で生まれる「違い」を具現化することで、他社との明確な差別化を図ります。

新たなファン作りと、
信頼の更なる強化を図る。

企業の継続年数は、その企業が展開してきた商品・サービスが市場で認められ必要とされてきた年数であり、信頼の証であることは言うまでもありません。企業の培ってきた信頼はやがて差別化されたブランドとなり、消費者から選ばれる経営資産となりますが、変わりゆく時代に合わせ、これまで培ってきたDNAを再確認し、必要に応じてデザインのリメイクを行うことも大切です。「今までのコト」と「これからのコト」の両軸でデザインを再検討し「変わるべきもの」と「変わらないもの」の双方を念頭に、ステークホルダーとのブランド・エンゲージの更なる強化と、新たなファン作りに向けたご提案を行います。

ブランディング・ソリューション

PHASE01 ポリシーの確認・共有

まずは2時間程度のオリエンテーションを実施し、企業理念や経営方針、組織のビジョン、目指す方向性などを共有していただきます。その上で今後の事業展開を見据え、課題抽出から目標設定を行います。また、目の前にある課題だけではなく、中長期的な組織づくりを念頭に企業ポリシーを策定します。

PHASE02 ツールフォーメーション設計

現状の情報共有をもとに、目標達成に向けたツールフォーメーションを設計。ターゲットセグメント、業界・業種、知名度、予算や納期などに合わせたプランをご提案します。

PHASE03 コンセプト開発/ストーリー設計

ターゲットに対し「何をどのように伝えるか」のコンセプトを開発。一貫性のあるメッセージでイメージ形成を図る「ブランドストーリー」を設計し、継続的な興味喚起・理解促進を行います。

PHASE04 キービジュアル開発/デザイン制作

コンセプトやブランドストーリーの具現化に向け、キービジュアルの開発、デザイン制作を行います。すべてのツールが一貫したデザインとなるよう、コンセプトにしたがってトーン&マナーを整えます。

PHASE 05

CI/VI/BI開発
ロゴマーク・ロゴタイプ

企業や商品のシンボルとなるロゴマークやロゴタイプをはじめ、タグラインやステートメントの開発を行います。ロゴはデザインのトーン&マナーの基軸となるだけでなく、ブランド認知に多大な影響を及ぼし、全てのブランディング活動の核となります。

パンフレット・カタログ

詳細情報の伝達に優れ、情緒的なメッセージも効果的に訴求できるパンフレット・カタログ。パンフレット・カタログとWebサイトでは各々がもつメディア特性が異なるため、設計時点で役割をしっかりと分け、効果的に訴求できるよう企画構成・デザインします。

Webサイト

最新情報をリアルタイムに伝えられる優れた更新性と、容量制限が無いに等しい情報掲載力がWebサイトの強み。検索ワードに最適化されたページ設計により、ターゲットのニーズにマッチした情報提供が可能である他、ブランド動画や商品カタログ・パンフレットなどの各種ダウンロード設定も可能です。

動画/映像

パンフレットやカタログ、Webサイトなど、文字情報や写真だけでは伝わりづらいメッセージや、長文で堅い印象になりがちなインタビューなども動画/映像ならば情緒豊かに伝えることできます。近年ではネット上での拡散を狙った動画(バイラルムービー)も数多く配信されています。

独自性に応じた
唯一無二のブランディングを。

ototoe[オトトエ]を運営するパドルデザインカンパニーがご提案させて頂く全ての企画デザインは、お客様の抱える課題解決に即し、最適化されたオーダーメイドの施策です。CI/VI開発からBI開発に至るまで、クリエイティブチーム一丸となって最適なプランをご提案させて頂きます。